Company information

企業情報

ミッションmission

Uniting the world
for a better tomorrow

世界中の人、技術、情報をつなぎ、革新的なソリューションによって、
よりよい未来のために世界を変革していきます。

行動指針action guidelines

01 最終受益者に私たちの仕事の成果を届ける。

私たちは業務を遂行するうえで、困難を抱え解決を必要としている人々、すなわち最終受益者とよばれる人々に対し、私たちの業務の成果を届け、現実の世界に変革を起こすようベストを尽くします。

02 業務に関わるすべての関係者をパートナーとし、
ともに学び発展する。

私たちは、クライアントや受益者のような業務上の相手だけでなく、国籍、文化、職種など多様な人々と仕事を進めます。これらすべての人々と世界をよりよくするパートナーとして、お互いの違いを超えて尊敬しあい学びあい、ともに発展していく道を探ります。

03 社会正義、公平性、コンプライアンスを堅持する。

世界をよりよくするというミッションを掲げている私たちにとって、法やルール、コンプライアンスを堅持し、正しい方法で業務を遂行することは至上命題です。世の中を正しく変えていくためのルールは必ず順守します。

ご挨拶message

"世界をよりよくしたい!" アイ・シー・ネットにはそういう気持ちをもった人たちが集い、世界中の社会課題の解決に取り組んできました。でも色んな国で仕事をするにつけ最近あらためて感じるのは、この社会課題ってそもそも何なの?ということです。

例えばカンボジア、いまだに東南アジアでも最も貧しい国の一つというイメージがあるこの国で、私たちは子ども向けの音楽学校を運営しています。多くの教育熱心な親が子どもの情操教育に取り組むなど、十数年前には考えられないような風景が日常になりつつあります。例えば南アジアのバングラデシュでは、一杯300円以上するコーヒーを出すカフェで大学生が談笑しているかと思えば、その前の路上では一杯10円の紅茶で束の間のくつろぎを得ているリキシャの運転手がいます。いまだに貧困というステレオタイプなイメージでくくられるアフリカはどうでしょう?ケニアでは、肥満や生活習慣病に悩む人たちが増え、緑茶への関心が高まるなど、健康ブームが起きています。
翻って日本を見ると、地方の疲弊は深刻で、人材、財源の不足、産業の荒廃といった問題は、私たちが途上国で見てきた風景と何ら変わりがありません。かと思えば、日本の地方にはとても元気で素晴らしい技術を持った会社がいて、海外市場に進出したいという声も沢山あります。
最近よく耳にするSDGs、国連が定めた全世界共通の“持続可能な開発目標”の17のゴールには、“貧困をなくそう”といった根源的なテーマもあれば、“働きがいも経済成長も”といった、私たち日本人にとって身近なテーマもあります。このSDGsが示すように、今の世界はとても多様で、抱える課題もさまざまです。また“誰が”課題解決の担い手になるのか?も大きく変わり、民間企業が単なる社会貢献だけではなく、自社事業の成長のためにも、社会課題の解決に真剣に取り組む例も珍しくありません。持続可能な世界の実現に向けた取り組みが必要なのは開発途上国だけではありませんし、政府機関だけではなく、民間企業や市民社会も担い手となることが求められているのです。

これまで私たちは主に政府開発援助(ODA)を通じて、開発途上国を良くするための支援者、助言者として活動してきました。最近は、日本の地方自治体の地方創生、民間企業の海外進出や社会起業家の支援、日本の高校生向けの研修など様々なことに取り組んでいます。世界が変わる中では、今までの政府開発援助だけで出来ることには限界があります。今後は、より良い世界を作るという原点の思いを変わらず持ち続けるために、私たち自身も変わらなければなりません。これまで培ってきた現場経験を活かして自ら社会を良くするための活動に取り組み、そこに民間企業や市民社会など、様々な力を結集していくことで、大きな流れを作り出していきます。

Uniting the world for a better tomorrow.

アイ・シー・ネット株式会社
代表取締役 百田 顕児

会社概要company profile

社名 アイ・シー・ネット株式会社 (英文社名 IC Net Limited)
本社 〒330-6027
埼玉県さいたま市中央区新都心11-2 明治安田生命さいたま新都心ビル27階
TEL:048-600-2500(代表) FAX:048-600-2501
代表者 代表取締役 百田 顕児
設立 1993年10月1日
資本金 7,000万円
売上高 29億9,700万円(2017年度)
従業員数 163名(2018年8月現在)
事業内容 ODAコンサルティング事業
海外展開支援事業
人材育成事業
スタートアップ支援事業
主要取引先 国際協力機構(JICA)
世界銀行
米州開発銀行 (IDB)
アジア開発銀行(ADB)
海外拠点 アイ・シー・ネット・アジア(IC Net Asia Co.,Ltd.)
253 Asoke Bldg, 10th Floor, 253 Sukhumvit 21, North Klongtoey, Wattana, Bangkok, 10110, Thailand
TEL:+66-2-260-7763-4 FAX:+66-2-260-7765
http://www.icnetasia.com/
アメリカ事務所(USA Office)
1025 Connecticut Avenue, N.W., Suite 1012, Washington, D.C. 20036, USA
TEL:+1-202-857-9729 FAX:+1-202-857-9799
http://www.icnetlimited.com/
バングラデシュ事務所(Bangladesh Office)
Peace Preenon, Apartment No.5A, 5th Floor, House No.167, Road No.1, Mirpur DOHS, Dhaka-1216, Bangladesh
TEL: +88-02-51040217
カンボジア
#55D, Street 390, Boeung keng kang 3, Chamkar Mon, Phnom Penh, Cambodia
ケニア(IC Net Trading Africa Ltd)
P.O. Box 52615-00100 Valley Arcade, Nairobi, Kenya
ラオス
Baan Thasalakham Pakse City, Champasak Province, Laos PDR
ベトナム
21st Floor, Capital Tower, 109 Tran Hung Dao Str.,Cua Nam Ward, Hoan Kiem Dist., Hanoi, Vietnam
インドネシア
Tower C2-15 Royal Apartment Makassar Jl. Topaz Raya, Kompleks Bisnis Panakkukang Mas, Kelurahan Masale,
Kecamatan Panakkukang Kota Makassar 90222, Sulawesi Selatan, Indonesia

アクセスマップaccess map

本社

さいたま新都心駅より徒歩2分/JR京浜東北線、宇都宮線、高崎線
北与野駅より徒歩6分/JR埼京線

実績地図where we work

実績地図

東・東南アジア

インドネシア、韓国、カンボジア、タイ、中国、日本、東ティモール、フィリピン、ブルネイ、ベトナム、マレーシア、ミャンマー、モンゴル、ラオス

南・中央アジア

アフガニスタン、インド、ウズベキスタン、カザフスタン、キルギス、スリランカ、タジキスタン、トルクメニスタン、ネパール、パキスタン、バングラデシュ、ブータン、モルディブ

大洋州

オーストラリア、ソロモン諸島、ツバル、ニュージーランド、バヌアツ、パプアニューギニア、パラオ、フィジー、マーシャル諸島、ミクロネシア

中東・北アフリカ

アルジェリア、イラク、イラン、エジプト、オマーン、シリア、スーダン、チュニジア、パレスチナ、モーリタニア、モロッコ、ヨルダン

東アフリカ

ウガンダ、エチオピア、エリトリア、ケニア、コモロ、ザンビア、ジブチ、ジンバブエ、セーシェル、タンザニア、ブルンジ、マダガスカル、マラウイ、南スーダン、モーリシャス、モザンビーク、ルワンダ

西アフリカ

ガーナ、カーボヴェルデ、カメルーン、ガンビア、ギニア、ギニアビサウ、シエラレオネ、セネガル、トーゴ、ナイジェリア、ニジェール、ブルキナファソ、ベナン、マリ、リベリア

南部・中央アフリカ

アンゴラ、ガボン、コンゴ共和国、コンゴ民主共和国、サントメ・プリンシペ、スワジランド、ナミビア、ボツワナ、南アフリカ、レソト

中米・カリブ

アンティグア・バーブーダ、エルサルバドル、キューバ、グアテマラ、グレナダ、コスタリカ、ジャマイカ、セントビンセント、セントルシア、ドミニカ、ドミニカ共和国、ニカラグア、ハイチ、パナマ、ベリーズ、ホンジュラス、メキシコ

南米

アルゼンチン、エクアドル、ガイアナ、コロンビア、スリナム、チリ、パラグアイ、ブラジル、ベネズエラ、ペルー、ボリビア

北米

アメリカ、カナダ

欧州

アイルランド、アゼルバイジャン、アルバニア、イギリス、イタリア、ウクライナ、エストニア、オーストリア、オランダ、キプロス、ギリシャ、クロアチア、コソボ、スイス、スウェーデン、スペイン、スロバキア、スロベニア、セルビア、チェコ、デンマーク、ドイツ、トルコ、ハンガリー、フィンランド、フランス、ブルガリア、ベルギー、ポーランド、ボスニア・ヘルツェゴビナ、ポルトガル、マルタ、モルドバ、ラトビア、リトアニア、ルーマニア、ルクセンブルク、ロシア

SDGsの取り組みefforts to achieve SDGs

SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALS 世界を変えるための17の項目

アイ・シー・ネットのSDGsに対する取り組み

SDGsとは2015年に国連サミットで採択された、世界の持続可能な発展を実現するために国際社会が取り組むべき課題を定めたもので、貧困、健康、エネルギー、技術革新、平和構築など、17分野が目標として定められています。
アイ・シー・ネットも、”Uniting the world for a better tomorrow”のミッションのもと、持続可能な発展に向けてセクターを超えた総合的なアプローチで、SDGsの達成に貢献しています。