Educational Institutions

国際協力人材向け研修事業

国際協力人材向け研修事業

国際協力人材向け研修事業は、フィールド志向の国際協力スペシャリストを目指す方に、現場で必要な「スキル」と「心構え」を学べる研修を提供しています。

JICAをはじめとする国際協力機関ではスタンダードとされるプロジェクト・サイクル・マネジメント手法の講座、社会調査法講座等を開講。修了者の皆様には修了証をお渡ししています。受講者は、開発コンサルタントだけでなく、これから国際協力業界に飛び込もうと考える若い世代の皆様にも多くご参加いただいています。

また、当研修には様々なバックグラウンドを持った方が集まるため、ネットワークを広げることも出来るので、国際協力業界での活躍を目指す方に最適な研修の場です。

講師派遣業について

中学、高校、大学や企業、各種トレーニング実施機関に対し、講師を派遣しています。
開発途上地域の人々の暮らしをゲーム形式で疑似体験するものから、インタビューなど調査手法の講座、比較的高度なプロジェクトマネジメント手法まで幅広いご注文に対応することが可能ですので、まずはお気軽にお問合わせください。

弊社はJICAが行う本邦研修への講師派遣も行っています。JICAは開発途上国から行政官や各分野のリーダーを日本に招き、日本での現地視察や研修を行っています。各専門分野の講師派遣はもちろんですが、こうした研修の多くには、本国の課題分析やアクションプラン作成が含まれます。弊社はそのような内容の研修にも多くの講師、ワークショップファシリテーターを派遣しています。講師は、弊社に所属するコンサルタントが努めます。講師派遣事業では、グローバル人材開発事業部が窓口となり、お客様の要望と研修内容のすり合わせを行っています。英語だけでなく、スペイン語、フランス語などの教材、講師人材を抱えていることも弊社の強みです。

 

講師派遣事業のFAQ

1.講師派遣にはどれくらいの料金がかかりますか。
ご希望の研修・講義やワークショップの内容・目的、参加者数などにより料金は変わります。かかる費用としては、講師謝金、交通費、日当・宿泊費(宿泊を伴う場合)、資材、テキスト代、送料などとなります。概算のお見積をお出ししますので、お気軽にお問い合わせください。

2.どのくらいの期間から講師を派遣してもらえるのですか。
通常は3日~1週間程度となりますが、最短で半日程度から派遣が可能です。また、複数回に分けた派遣も可能です。

3.どの言語での講師派遣が対応可能ですか?
日本語、英語、スペイン語、フランス語での実施が可能です。

4.講師に会社/大学等まで来てもらい研修を実施して、PCM手法の修了証をもらうことはできますか。
当社の開発実務プログラムと同じ条件(計画立案3日間、モニタリング評価4日間かつ確認テスト80点以上、出席率80%以上)を満たすことができれば、修了証をお渡しできます。

5.JICA研修受入事業のサポートとは、どのようなものでしょうか。
JICAより研修コースを受託された法人様からのご依頼で、研修員へのPCMワークショップの実施やアクションプラン作成指導などを実施しています。また、当社コンサルタントの専門分野であれば、ある特定の分野に関する講義の実施も可能です。

 

研修事業の実績

JICA事業を受託し、赴任前専門家向け研修、開発途上国での草の根事業実施団体向けマネジメント研修、社会調査法研修も提供しています。国際協力の現場で鍛えられたノウハウを、ワークショップを交えた研修で提供できるのは、IC Netならではの強みです。

2017-2019年度NGO等向け事業マネジメント研修
国際協力の社会調査法
草の根技術協力事業実務者向け実施管理研修
2016-17年度国際協力人材赴任前事業マネジメント(計画立案・モニタリング評価)研修
など