Approach

アプローチ

育む→拡げる

社会課題解決型のビジネスアイデアを集め、それらのアイデアが事業化するまでサポートを行うことで、
多様な課題を解決する新たな仕組みを拡大させます。

ビジネスコンテスト開催から事業家支援までを一気通貫で提供

カンボジア−日本

開発途上国の社会課題解決というと公的機関やNGOなどの領域であり、世間を賑わせているIT革命やイノベーションなどとは無縁と考えている人も多いでしょう。しかし、「多様なアクターが、多様なアプローチで社会課題解決に取り組める場を作るべきだ」、そう考えた私たちは、開発途上国の社会課題をビジネスで解決するために、日本で初めてオープンプラットフォーム「40億人のためのビジネスアイデアコンテスト」を2012年度から開催しています。

このプラットフォームは、日本中から新しい社会課題解決型のビジネスアイデアを集めるだけでなく、私たちがそのアイデアを事業化するまで伴走することにより、社会へのインパクトを実現することができます。実際に、これまでアイデアの段階から多くのスタートアップを生み出し、世界中で事業が開始されています。

第一回の優勝者の池田さんは、本コンテストへ応募したアイデアからカンボジアにネアックポアン音楽学校を立ち上げました。私たち日本では当たり前のように学校で音楽教育を受けますが、多くのカンボジアの子どもたちは音楽教育を受ける機会がありません。音楽の素晴らしい世界を子どもたちに体感してほしいという彼女の強い思いから、低価格のモジュール式音楽学校を提案し、そのアイデアを私たちと共に育んできました。現在ではすでに100人以上の生徒に音楽教育を提供しています。

他にも私たちのプラットフォームから、タイの子どもたちを勇気付けるヒーロー番組や、日本の高齢者と海外の日本語学習者をつなげるビジネスなど、公的機関の開発アプローチでは考えられないような新しい社会課題解決の取り組みを生み出しています。

私たちは、様々な分野や視点から広くアイデアを募って形にします。これからも世界を変える事業を生み出し、ビジネスで世界をより良くする仕組みを拡げていきます。