Individuals

国際協力人材向け研修事業

国際協力人材向け研修事業

国際協力人材向け研修事業は、フィールド志向の国際協力スペシャリストを目指す方に、現場で必要な「スキル」と「心構え」を学べる研修を提供しています。

JICAをはじめとする国際協力機関ではスタンダードとされるプロジェクト・サイクル・マネジメント手法の講座、社会調査法講座等を開講。修了者の皆様には修了証をお渡ししています。受講者は、開発コンサルタントだけでなく、これから国際協力業界に飛び込もうと考える若い世代の皆様にも多くご参加いただいています。

また、当研修には様々なバックグラウンドを持った方が集まるため、ネットワークを広げることも出来るので、国際協力業界での活躍を目指す方に最適な研修の場です。

国際協力人材向け研修事業のFAQ

1.PCM研修を受けるために受講条件などありますか?
「PCM計画・立案」講座受講条件:
特に条件などはありません。PCMって何?という方でも、しっかりマスターすることができます。「PCMモニタリング・評価」、「PCMファシリテーター養成」講座の受講には、下記の条件を設けております。

「PCMモニタリング・評価」講座受講条件:
PCM計画立案を受講している、もしくは同等の知識を有していること。
特に、修了書等の提示は必要ありません。研修では、PCM計画立案について理解されていることを前提に進めさせていただきますので、その点ご了承ください。

「PCMファシリテーター養成」講座受講条件:
PCM計画・立案、PCMモニタリング・評価を受講している、もしくは同等の知識を有していること。
特に、修了書等の提示は必要ありません。研修では、事前にPCM計画・立案、PCMモニタリング・評価についての理解度確認テストを受けていただきます。プログラムのはじめに確認テストの解説を行い、復習いただいてからファシリテーション演習へ進んでいきます。

2.テキストを購入することはできますか?
テキストは下記内容について作成・販売いたしております。
「PCM計画・立案」(日本語・英語)
「PCMモニタリング・評価」(日本語)
「組織分析・強化手法(ID/OS)」(日本語)
購入ご希望の場合、郵送させていただきますので送付先をご連絡ください。
送付料につきましては、国内の場合弊社で負担いたします。
お支払方法は、銀行振り込みでお願いいたしております。
購入ご希望のご連絡をいただけましたら、すぐに手配させていただきます。

3.申し込んだ研修が受講できなくなった場合、受講料は返ってきますか?
受講料お振込後、お客様のご都合により研修への参加が難しい場合は、次回以降に開催される研修への振替を行うことが可能です。 振替受講をご希望の場合は、研修の募集締め切り日時(開催日の約1週間前)までにご連絡ください。以降は、キャンセル扱いとさせていただきます。やむを得ず研修をキャンセルされる場合は、下記の通りキャンセル料を申し受けます。
申込締切日時~前日 受講料の50%
開催日当日 受講料全額

4.教育訓練手当の申請対象ですか?
青年海外協力隊ご経験者の方は、本研修が、帰国隊員等教育訓練手当(JICA)や帰国隊員等人材育成奨学金制度(協力隊を育てる会)の対象となることがあります。これまでにも、多くの隊員OB・OGの方にご利用いただいております。詳細につきましては、下記に直接お問い合わせください。
申請にかかる必要書類(領収書)は弊社から発行いたしますので、お気軽にお問い合わせください。

5.今まで実際に国際協力の現場で働いたことがない、専門的な知識はない人にとって、このプログラムは適していますか?また、そのような人にはどのプログラムが適していますか?
アイ・シー・ネットが国際協力の現場で得たノウハウをもとに、途上国のケーススタディや国際協力プロジェクトをもとにした事例を使って、ワークショップ形式で行いますので、専門知識や現場経験がない方でも体験しながら学ぶことができます。
これまでにもたくさんの学生の皆様に参加いただき、高い評価をいただいております。下記講座は全て、受講条件等ありません。どなたでも受講いただくことが可能です。
・PCM計画立案
・社会調査法
参加者には、学生だけでなく、現場経験があり更なるスキルアップを目指している若手のコンサルタントの方やNGOスタッフ、協力隊OB・OGなどもいらっしゃるので、様々な情報交換やネットワークを構築することもできます。

国際協力研修情報news

研修のお申し込みapplication

講師派遣業について

中学、高校、大学や企業、各種トレーニング実施機関に対し、講師を派遣しています。
開発途上地域の人々の暮らしをゲーム形式で疑似体験するものから、インタビューなど調査手法の講座、比較的高度なプロジェクトマネジメント手法まで幅広いご注文に対応することが可能ですので、まずはお気軽にお問合わせください。

弊社はJICAが行う本邦研修への講師派遣も行っています。JICAは開発途上国から行政官や各分野のリーダーを日本に招き、日本での現地視察や研修を行っています。各専門分野の講師派遣はもちろんですが、こうした研修の多くには、本国の課題分析やアクションプラン作成が含まれます。弊社はそのような内容の研修にも多くの講師、ワークショップファシリテーターを派遣しています。講師は、弊社に所属するコンサルタントが努めます。講師派遣事業では、グローバル人材開発事業部が窓口となり、お客様の要望と研修内容のすり合わせを行っています。英語だけでなく、スペイン語、フランス語などの教材、講師人材を抱えていることも弊社の強みです。

講師派遣事業のFAQ

1.講師派遣にはどれくらいの料金がかかりますか。
ご希望の研修・講義やワークショップの内容・目的、参加者数などにより料金は変わります。かかる費用としては、講師謝金、交通費、日当・宿泊費(宿泊を伴う場合)、資材、テキスト代、送料などとなります。概算のお見積をお出ししますので、お気軽にお問い合わせください。

2.どのくらいの期間から講師を派遣してもらえるのですか。
通常は3日~1週間程度となりますが、最短で半日程度から派遣が可能です。また、複数回に分けた派遣も可能です。

3.どの言語での講師派遣が対応可能ですか?
日本語、英語、スペイン語、フランス語での実施が可能です。

4.講師に会社/大学等まで来てもらい研修を実施して、PCM手法の修了証をもらうことはできますか。
当社の開発実務プログラムと同じ条件(計画立案3日間、モニタリング評価4日間かつ確認テスト80点以上、出席率80%以上)を満たすことができれば、修了証をお渡しできます。

5.JICA研修受入事業のサポートとは、どのようなものでしょうか。
JICAより研修コースを受託された法人様からのご依頼で、研修員へのPCMワークショップの実施やアクションプラン作成指導などを実施しています。また、当社コンサルタントの専門分野であれば、ある特定の分野に関する講義の実施も可能です。

 

eラーニングによるプロジェクトマネジメント研修

eラーニングによるプロジェクトマネジメント・コーディネーター(PMC)研修インターネットを活用したマネジメント・スキルアップコースを提供しています。日本プロジェクトマネジメント協会の提供する資格のうち、プロジェクトマネジメントコーディネータ(PMC)などの取得のための講座です。

 

 

研修事業の実績

JICA事業を受託し、赴任前専門家向け研修、開発途上国での草の根事業実施団体向けマネジメント研修、社会調査法研修も提供しています。国際協力の現場で鍛えられたノウハウを、ワークショップを交えた研修で提供できるのは、IC Netならではの強みです。

2017-2019年度NGO等向け事業マネジメント研修
国際協力の社会調査法
草の根技術協力事業実務者向け実施管理研修
2016-17年度国際協力人材赴任前事業マネジメント(計画立案・モニタリング評価)研修
など

目次