Individuals

グローバル人材育成プログラム

グローバル人材育成プログラム

50年後には世界人口は100億人を突破すると言われています。 50年後の未来はどんな未来になるでしょう。100億人が住む世界はどんな世界になるでしょう。どのような未来、どのような世界になるかは、「今」を生きる私たちのアクションにかかっています。 「今」と「未来」をしっかりと見つめ、自分のことだけでなく他者・他国に目を向け、様々な社会課題を自分事として捉え、より良い今、より良い未来をつくるためにアクションを起こすこと。これはこの地球に住む一人一人に求められていることです。

 

IC Netのグローバル人材育成プログラムについて

より良い未来をつくるためにアクションを起こす人材の育成 そこで、より良い未来、より良い世界をつくることをミッションとしているアイ・シー・ネット株式会社(IC Net)は、国際開発の最前線で培ったネットワーク・知見を開発教育に還元すべく、国内でのセミナー・ワークショップ活動や新興国・途上国でのスタディツアー、インターンシップを主な活動とする「グローバル人材育成プログラム」を実践しています。地球市民として社会課題に真摯に向き合い、解決に向けたアクションを起こす人材の育成のために、本プログラムでは途上国や新興国で実際に起こっている社会課題を体感し、課題を理解するだけでなく、持続的な解決策を考え、実践し、現地に良いインパクトをもたらすことに重点を置いています。

IC Netのグローバル人材育成プログラムの強み

実績図版

 

豊富な知見とネットワーク

ODA事業や新興国・途上国でのビジネス事業で培った専門的な知見とネットワークがあるからこそ実現できるプログラムを設計・実施しています。新興国・途上国でのプログラムにおいては、当社の現地事務所・法人と連携して実施することで、現地でのきめの細かいアレンジ、臨機応変な対応ができます。

 

社会課題解決・実践型

途上国や新興国で実際に起こっている社会課題に向き合い、持続的な解決策を考え、実践します。デザイン思考やビジネスモデルキャンバスなど、海外の大学やビジネス業界で話題になっている、手法やツールを実際に活用して、解決策の立案を行います。

 

協働によるインパクト

活動を通して現地に、またプログラム参加者自身のうちに「インパクト」を生み出します。新興国や途上国の現地のパートナーと共に、調査や議論を行い、解決策を協働して創出することで、現地へのインパクトを高め、これらの協働作業を通して、各々の「自己の成長」を促します。

 

IC Netの新興国・途上国インターンシップについて

国際協力のプロだからできる充実の新興国・途上国インターンシッププログラムを提供しています。 IC Netの新興国・途上国インターンシッププログラムでは、当社の国際協力の現場で培ってきた経験とネットワークを生かして、創造性、難易度の高い実践的な業務のチャレンジする場を提供しています。そのため、他にはない、ご自身の成長と変化を実感できます。将来、途上国・新興国を含む海外で進学したい方、働きたい方に最適なプログラムです。

1. チャレンジングな業務

国際協力やビジネスが行われる最前線に入り、専門家のアドバイスを受けながら、課題解決のアイデアを提案しそれを実践します。創造性と主体性が要求されるチャレンジングな業務です。

 

2. 新興国・途上国での業務経験と人脈づくり

国内での業務では経験できない難しさと、達成の喜びは、ご自身のキャリアの中で大きな強みとなります。現地の人々や専門家との人脈はインターンシップが終わっても役立つものとなるでしょう。

 

3. 安心・充実のサポート

現地のインターンシップ受入担当者が、活動の相談や健康管理、クイック語学研修*など、現地到着から帰国までをサポートします。 *派遣先によっては語学研修は無い場合がありますので、予めご了承ください。

インターンシップ情報news

インターンシップレポートreport

主な実績はこちらをクリック

アジア・インターンシップ・プログラム

広島大学大学院 国際協力研究科 2015~
埼玉大学 2015~
立教大学 経営学部 2016~
東京国際大学 2016~
甲南大学 マネジメント創造学部 2017~

インターンシップのお申し込みapplication

スタディーツアーについて

IC Netの新興国・途上国スタディツアーでは、国際協力の現場で培ってきた経験とネットワークを生かした、実践的な学びが充実しているスタディツアーを提供しています。本ツアーは主に途上国・新興国を舞台に、参加者が社会課題の現場を見て、課題を体感するだけでなく、持続的な解決策を考え、実践し、現地に良いインパクトをもたらすことに重点を置いています。
そのため、他にはない、ご自身の成長と変化を実感できるのがIC Netの新興国・途上国スタディツアーの強みです。将来、途上国・新興国を含む海外で進学したい方、海外で働きたい方、国際開発・国際協力の分野で活躍したい方に最適です。

 

これまでのスタディツアーの実践例

高校生対象・国際協力スタディツアー in カンボジア

国際協力のキャリアのファーストステップとして、日本全国から国際協力に関心がある高校生を対象にカンボジアにて実施。国際協力に関する様々なアクターの現場を訪れ、村にも訪れ、そこでのホームステイ活動を通して現地の暮らしを体感し、途上国・国際協力の多様性を知り、視野を広めました。

大学生・社会人対象 インドソーシャルイノベーションスタディツアー

年間900人もの子どもが現地NGOによって保護され、また路上で生活するストリートチルドレンが多くいるインド・シリグリにて、日系NPOイマジナスと共同実施。この厳しい環境で生活する子どもたちの現状を把握し、彼らが将来社会復帰できるように、学生ならではの視点・アイデアでソーシャルイノベーションを試みることをミッションとし、これまで様々なイノベーションが創出されています。
 

社会人・大学生対象 ルワンダ平和構築スタディツアー

1994年4月から100日間、ルワンダでは80万人以上が命をなくした大虐殺がありました。少数派のツチの人が、それまでともに生活をしていた隣人によって命を奪われた暗い歴史です。今でも多くの人は当時の傷を心と体に負っています。しかし、その中でも平和と和解の道を選び取った人々がルワンダにはたくさんいます。ルワンダの人はその決断に至るまでどのような道をたどってきたのでしょうか。本プログラムでは平和構築を国レベルや政策レベルではなく、紛争や対立の当事者である「人」に焦点を当て、虐殺当事者から平和と和解のストーリーを聴き、彼らがどのようにして「和解の道」へ至ったかを学びます。 参加者は現地で活躍するプロフェッショナルや講師のファシリテーションを受け、日本に帰ってから自ら実現できる平和構築に関して考えます。

スタディーツアー情報news

スタディーツアーレポートreport

主な実績はこちらをクリック

立命館宇治高等学校
教育支援、一村一品活動 ラオス 2016~(年4回)2017~(年3回)

一般高校生対象
国際協力スタディツアー カンボジア 2017

慶応義塾大学大学院 経営管理研究科(KBS)
海外フィールド科目 ラオス、インド、ケニア、メキシコ、スペイン 2015~

慶応義塾大学大学院 エグゼクティプMBAコース
海外フィールド科目 ラオス、インド、ケニア、メキシコ、スペイン 2015~

専修大学
ビジネスフィールドツアー ラオス 2017

専修大学 社会科学研究所
メコン圏視察調査プログラム 2016~

上智大学 教育学部
教育分野におけるフィールド調査ツアー タイ 2016

関西学院大学 総合政策学部
ソーシャルビジネスをテーマにしたフィールドワーク フィリピン 2016

立教大学 経営学部
アジア体感短期留学プログラム~タイ・ラオス・ベトナム編~ タイ、ラオス、ベトナム 2016

立教大学 経営学部
アジア体感短期留学プログラム~タイ編~ タイ 2018

京都工芸繊維大学 全学部対象
キリロム工科大学ドローンキャンプ(カンボジア) カンボジア 2018

立命館大学 全学部対象
2017年度立命館大学 EDGE+R Field based Design Program ソーシャルビジネストレーニングコース in ラオス ラオス 2018

一般社会人・大学生対象
ルワンダ平和構築スタディツアー 2019

セミナー情報news

セミナーレポートreport

目次