飛びだせJapan!

支援実績

平成30年度 第4回飛びだせJapan! 支援実績

合同会社Asante Sana (所在地:神奈川県横浜市)

対象国:ケニア

Asante Sanaは、ケニアにおいて赤玉ねぎを中心とした農作物の卸売り販売を行っている関連会社AmoebaX社とともに、自社農場および自社青果店の経営を新たにスタートしました。赤玉ねぎの生産から販売までのサプライチェーン全体を担うことで、既存の仲介業者に偏った利益配分を是正し、農家と小売業者への利益の適切な配分、品質の担保に取り組んでいます。

 

株式会社アレナビオ/株式会社食機能探査研究所 (所在地:茨城県つくば市)

対象国:チュニジア、ブラジル

チュニジアの未利用資源である高オレウロペイン(ポリフェノールの一種)含有のオリーブ葉を、筑波大学発ベンチャーであるアレナビオと食機能探査研究所の技術により、①魚用サプリメント、②乳牛用病気改善サプリメント、③魚・家畜用不妊サプリメント、④人用妊活サプリメントの原料として活用することで新たな市場を開拓することを目指しています。

 

WAVE89株式会社 (所在地:東京都港区)

対象国:ネパール

ネパールの山岳エリア「コタン」原産の、高エネルギーで希少価値の高いピーナッツを元に作られたピーナッツバターをベースに使い、トレッカー観光客向けのエナジーバーの開発を行っています。商品をブランド化していくことにより、ネパールの観光地としてのポテンシャルを最大限に生かし、商業農業の活性化を目指します。

 

会宝産業株式会社 (所在地:石川県金沢市)

対象国:ケニア

ケニアで安全かつ環境に配慮した日本の自動車リサイクル技術を導入したモデル工場を設立し、使用済み自動車(ELVs)から回収される素材・部品の販売を行います。また現地パートナーに対して当社が技術支援と事業開発支援を実施していくことで、ケニア現地で自動車リサイクル技術の啓蒙活動の推進を目指しています。

 

株式会社Connect Afya  (所在地:兵庫県たつの市)

対象国:ケニア

ケニアを初めとするアフリカ諸国において、診断・治療の仕組みが整備されていない領域(性感染症・子宮頚がんなど)に対し、1)早期診断が可能なサービスの提供 2)患者登録と即時検査後の精密検査・治療のトラッキングを行うITシステム提供 3) システムから得たデータを活用し日本国内外の医療機器・製薬メーカー向けの臨床開発・マーケティング支援を行います。

 

株式会社サイサン (所在地:埼玉県さいたま市)

対象国:タンザニア

サイサンは、家庭用LPガスや産業用に使われる一般高圧ガス、医療分野で使われる酸素や麻酔といった医療用高圧ガスなど、さまざまな「ガス」を取り扱うエネルギーサプライヤーです。海外においてはモンゴルや東南アジアなどの国々でLPガスの展開を行ってきました。今回これまで培ってきた経験や技術を生かし、新たにアフリカでの事業開発にも取り組んだものです。

 

株式会社スーリヤ (所在地:東京都港区)

対象国:スリランカ

スーリヤはスリランカで食用として栽培されているココナツウォーターやココナツ(固形胚乳)として使われた後の、現在利用されず廃棄されているヤシ殻(外果皮)を活用し、木質バイオマス燃料を製造して日本などに販売することにより、①貧困地域における雇用促進と所得向上 ②地球温暖化緩和への貢献 ③廃棄物削減への貢献を目指しています。

 

株式会社土谷特殊農機具製作所 (所在地:北海道帯広市)

対象国:モンゴル

土谷特殊農機具製作所は、再生可能エネルギーの「バイオマスプラント」や自然冷熱エネルギー利用の「アイスシェルター」の開発・普及に力を入れています。アイスシェルターは、北海道で開発されたCO₂排出ゼロの省エネ型低温貯蔵システムです。同じ寒冷地であるモンゴルへ導入することで、地域の産業活性化を目指し、地球温暖化防止への貢献も期待しています。

 

株式会社パンソリューションテクノロジーズ (所在地:宮城県仙台市)

対象国:インド

太陽光電池の原料であるシリコンウェハの品質を正確に測定できない問題を当社の世界初新測定技術を搭載した機器により正確に品質測定することで解決します。さらに従来の技術では不可能だった原料時点での粗悪品の選別と再利用を可能とすることで、数十億円程度のコスト削減を行うことができます。まずは太陽電池事業に注力しているインドにて実現を目指します。

 

株式会社RICCI EVERYDAY (所在地:静岡県静岡市)

対象国:ウガンダ

ウガンダ現地のテーラーと世界中のファッション愛する人々をマッチングさせるオンライン・カスタムメイドプラットフォームを構築します。ウガンダでの製品の製造に際し、社会的に疎外された人々を積極的に雇用し、環境に配慮したものづくりを実践することで、公平なファッションブランドを目指します。