Achievements

実績

40億人のためのビジネスアイデアコンテスト

アプローチ
地域
国名 全世界
SDGs 産業と技術革新の基盤をつくろう パートナーシップで目標を達成しよう
クライアント 自社プラットフォーム事業

ビジネスを通じた社会課題解決

世界には、40億人を超える人々が年に3,000ドル以下の所得で暮らしています。こうした人々の状況を、ビジネスを通じて継続的に改善したいという想いを持つ起業家の発掘と育成を行う「40億人のためのビジネスアイデアコンテスト」を2014年から企画・運営しています。開発途上国を中心に世界100ヵ国以上で培われたネットワークやプロジェクト実施のノウハウを駆使し、世界の社会課題をビジネスで解決する起業家を輩出することで、SDGs 9 「強靱(レジリエント)なインフラ構築、包摂的かつ持続可能な産業化の促進及びイノベーションの推進」に寄与します。

 

途上国ビジネスのプラットフォームとして

ビジネスを通じて開発途上国の社会課題を解決する起業家を輩出するために、「40億人のためのビジネスアイデアコンテスト」は、世界最大の途上国ビジネスプラットフォームを目指しています。多くのセクターを巻き込んだプラットフォームとして、起業家・投資家・大学・自治体等に参画頂いています。各セクターの分野も、IT・農業・エンターテイメント・医療・教育など多岐に渡り、多様なセクターおよび分野のプロフェッショナル同士が結び付く場として機能しています。
また、目まぐるしく変化するグローバルな世界で、正解のない問題に向き合うことができる人材を育成するために、2016年から「40億人のためのビジネスアイデアコンテスト」高校生部門も設置しています。この高校生部門では、学生の「夢」や「理想の社会像」からビジネスアイデアを創る「バックキャスト方式」のワークショップを開催し、グローバルな社会課題を解決する人材の育成を行っています。

 

社会にインパクトを与え続ける

「40億人のためのビジネスアイデアコンテスト」は、単なるイベントで終わるビジネスコンテストではなく、ビジネスアイデアを実際に事業化することに力を入れており、過去4回のファイナリストの事業化率は80%に達します。2017年からは、アイデアを2年間で事業化することを目指す日本で唯一の途上国ビジネススクール「4Bスクール」を開講しました。「4Bスクール」では、途上国で実際にビジネス支援を行っているコンサルタントや「40億人のためのビジネスアイデアコンテスト」の過去のファイナリストの起業家、外部の投資家などに、起業にあたって必要な情報をインプットしていただいております。

 

イノベーティブなアイデアで「ソーシャル」と「ビジネス」の両立を

開発途上国の社会課題を解決するアイデアと聞くと、どうしても「ソーシャル」なアイデアを連想しがちです。しかし、それだけでは影響する範囲が小さかったり、継続性が低かったりする場合が多くあります。私たちは、「ソーシャル」と「ビジネス」を両立することで、世界をよりよく変革し、現地に長く根差すことができるプロジェクトを支援していきます。そのために、今まで開発途上国でのビジネスに縁がなかった分野のアクターを巻き込んで、「世界最大の途上国ビジネスのプラットフォーム」を形成することで、世界を変える熱意溢れる起業家を輩出していきます。

目次