Achievements

実績

カンボジアにおける官民連携による食品安全基準の策定支援および検査ビジネス展開

アプローチ
地域
国名 カンボジア
SDGs つくる責任つかう責任
クライアント 株式会社スペック

カンボジアでの食の安全問題

新興国では食の安全が大きな社会課題となっています。カンボジアでも、少し前の情報になりますが、2013年に政府が行った調査では、市場で売られていたサンプルのうち22%から国際的な基準と比較して安全性に問題があるレベルの残留農薬や化学薬品が検出されたことがニュースになりました。カンボジアの一般の消費者の多くは、違法な農薬や化学物質に汚染された野菜が流通していて健康に害があることを知っています。そして、自分たちが普段食べている野菜は体に悪いのではないか?という不安に感じています。

 

ビジネスのために国の仕組みを作る

食の安全のように、社会課題の中にはビジネスが大きくかかわっているものもあります。食の安全を将来にわたって継続する仕組みを構築するには、援助として現地の政府と一緒に取り組むことに加えて、民間のビジネスにもアプローチすること不可欠であるとアイ・シー・ネットは考えています。そこで、アイ・シー・ネットはこのような社会課題にアプローチするために、日本のベンチャー企業や中小企業の新興国展開に力を入れています。

アイ・シー・ネットの強みは、創業以来25年以上にわたってJICAなど政府系機関によるODAプロジェクトを通じて、世界中の開発途上国の政府と一緒に現地の制度や仕組み作りをしてきた経験とノウハウです。この強みを活かし、民間企業がビジネス展開をするために新興国で必要とする制度や仕組みを、私たちが一緒になって現地政府に対して働きかけ、制度を作るところからサポートしています。その後、現地の制度や仕組みが出来上がった後に、私たちのクライアントである民間企業が現地でサービスを提供するといったビジネスモデルを考えています。

 

株式会社スペックの取り組み

スペックは、徳島の登録衛生検査所です。“食のお医者さん”を企業理念に、国内では農作物を含むあらゆる食品に関わる衛生検査を行っています。検査のみにとどまらず、どうやったら安心・安全な食品を提供できるか、といった食品衛生のコンサルティングサービスも提供しています。さらに、衛生検査を通じて培ったノウハウを活かして、徳島でビールの醸造所兼レストランRise & Win Brewing Co.の経営や、東京で徳島の地ビールのバーKAMIKATZ TAPROOMの展開など食に関連する幅広い事業展開をしています。

カンボジアで社会課題となっている食の安全確保を求める消費者に、衛生検査所として貢献できるという思いから、2012年よりカンボジアでの事業開発に取り組んでいます。

カンボジアで衛生検査ビジネスを成立させるうえでの大きな課題は、カンボジアには食品衛生の基準がない、ということです。スペックが検査を行うにも、どのような基準に準拠して検査を行うべきなのか?といった判断基準が未整備なのです。

一国の食品安全基準を作るには、カンボジア政府に対して働きかける必要があります。そこでスペックとアイ・シー・ネットは、JICAによる支援を受け、現地の農水省や商業省と一緒に食品衛生の基準作りに向けた取り組みを始めています。

 

カンボジア初の登録衛生検査所を目指して

カンボジアにおける食品安全の基準を現地政府が策定した後、日々の残留農薬などの食品衛生検査は、民間の検査所の役割です。現在、カンボジアにはこのような検査を行うことができる民間の検査所は存在しません。スペックは、カンボジアで初の民間の登録衛生検査所となることを目指しています。

目次