Achievements

実績

コミュニティを基礎とした持続的な観光開発メカニズム強化

アプローチ
地域
国名 ドミニカ共和国
SDGs つくる責任つかう責任
クライアント 独立行政法人国際協力機構(JICA)

外資中心の大型観光リゾート開発は地元への裨益が少ない

年間約560万人の観光客を受け入れるドミニカ共和国はカリブ諸国随一の観光立国です。同国政府は1960年代から海外資本誘致によるオールインクッルシブ形態の大型リゾート開発を積極的に進め、右肩上がりの観光成長を実現してきました。しかし、このような観光の形態は、限られた施設内での消費の囲い込みや観光地域の周辺地域・住民との隔絶、その結果として地域住民が観光によって十分に裨益しないなどの状況を生んできました。また、1960~70年代に開発が進んだ北部の外資による観光開発のように観光インフラの劣化に伴って別の観光開発地域に外資が移転してしまう、いわゆる「観光地の使い捨て」も大きな問題となり、同国観光省は持続可能な観光開発のモデルを希求していました。

 

地域での活動を国の観光戦略・政策に反映

アイ・シー・ネットが実施したプロジェクトは、上記のような地元住民がほとんど関与しない外資中心の観光開発とは異なった「持続的観光地域開発のモデル」を様々なアクションを通じて探していこうという試みです。これまでに、地元住民が地域の価値を再認識する「地域資源の再発見ワークショップ」や将来の観光地域づくりの中心を担う組織(Destination Management Organization:DMO)の母体となる県・リージョンレベルの地域観光委員会形成、観光省としての戦略策定など、主に促進体制の強化に焦点を絞って「地域住民による地域住民のための観光開発」のモデルを目指してきました。

 

持続可能な観光戦略の三本柱=「地域のエンパワーメント」「観光による地域住民の裨益」「持続可能な観光オファーの充実」を促進

アイ・シー・ネットが実施したプロジェクトは、上記のような地元住民がほとんど関与しない外資中心の観光開発とは異なった「持続的観光地域開発のモデル」を様々なアクションを通じて探していこうという試みです。これまでに、地元住民が地域の価値を再認識する「地域資源の再発見ワークショップ」や将来の観光地域づくりの中心を担う組織(Destination Management Organization:DMO)の母体となる県・リージョンレベルの地域観光委員会形成、観光省としての戦略策定など、主に促進体制の強化に焦点を絞って「地域住民による地域住民のための観光開発」のモデルを目指してきました。

 

カリブ地域の「観光先進国」として21世紀型の観光モデルを示す

ドミニカ共和国は中南米ではメキシコに次ぐ観光客数を受け入れており、カリブ海地域では他の国々が手本とする「観光先進国」でもあります。メキシコのアカプルコのように「使い捨て」にされてしまった観光地をどのように地元住民の手で回復するか? それ以前に、住民がオーナーシップを保ちながら地域がどのように観光の未来を描き、盛り上げていくか? プロジェクトを通じて、ドミニカ共和国とその答えを探しています。

本件に関する外部リンク先
JICA:
http://gwweb.jica.go.jp/km/ProjectView.nsf/VIEWParentSearch/a2e3ad6870e759e049257f8d0079dc65?OpenDocument&ExpandSection=8%2C6#_Section8

https://www.jica.go.jp/oda/project/1400448/index.html

プロジェクトのオフィシャルページ(スペイン語):
https://turismocomunitariosostenible.wordpress.com/

目次