開発実務プログラムは、フィールド志向の国際協力スペシャリストを目指す方に、
現場で必要な「スキル」と「心構え」を学べる総合研修の場を提供しています。
また、様々なバックグラウンドを持った方が集まるため、ネットワークを広げることができます。

開講講座

開講講座

開催日時、内容など詳細を知りたい場合は各講座名をクリックしてください。

研修名 実施日 価格 締切
PCM計画立案 日程調整中 43,200円(税込) 日程調整中
国際協力の社会調査法 日程調整中 29,800円(税込) 日程調整中
PCMモニタリング評価 日程調整中 54,000円(税込) 日程調整中
プロが使う参加型アプローチ 日程調整中 29,800円(税込) 日程調整中
eラーニング プロジェクトマネジメント・コーディネーター(PMC)研修 毎月1日開始(3ヵ月間) 講座によります 左のリンクをクリックしてください 開始前月の15日
研修名 PCM計画立案
実施日 日程調整中
価格 43,200円(税込)
締切 日程調整中
研修名 国際協力の社会調査法
実施日 日程調整中
価格 29,800円(税込)
締切 日程調整中
研修名 PCMモニタリング評価
実施日 日程調整中
価格 54,000円(税込)
締切 日程調整中
研修名 プロが使う参加型アプローチ
実施日 日程調整中
価格 29,800円(税込)
締切 日程調整中
研修名 eラーニング プロジェクトマネジメント・コーディネーター(PMC)研修
実施日 毎月1日開始(3ヵ月間)
価格 講座によります 左のリンクをクリックしてください
締切 開始前月の15日
今すぐ申し込む
今すぐ申し込む

各種割引制度

セットコース

PCM手法は、PDM(Project Design Matrix)と呼ばれるプロジェクトの概要表を用いて、計画、実施、評価というプロジェクトサイクルを運営管理する手法です。現在JICA(国際協力機構)ですべての技術協力プロジェクトに活用されています。このコースでは、PCM手法に関する一連の知識とスキルを学ぶことができます。
PCM手法の理解を深め、活用したいと考えている方、活用する予定がある方におすすめです。

申込ページに入り「セットコース」をクリックしてお申込み下さい。現在募集中の研修を一部受講できない場合も、1年間以内に2研修を受講できればセットコースとして受け付けさせていただきます。その場合も現在募集中のページにて「セットコース」をクリックしていただきます。その際必ず、実際受講される時期について電話あるいはメールで当研修担当までお知らせください。

閉じる

お申込み方法

お申し込み方法はこちら
  1. 上記の「今すぐ申し込む」をクリック
  2. 受講を希望されるセッションのボックスにチェックを入れます
  3. 受講料をご確認の上「次へ」
  4. 登録情報の入力、アンケートへ回答
  5. 登録いただいたメールアドレスに「申込受付のお知らせ」メールが届きます。
    このメールに、受講料のお支払方法に関する案内が書かれています。
    お支払方法は①銀行振込、②クレジット決済のうちいずれかをお選びいただけます。
  6. 受講料を、お支払いいただきます
  7. 5営業日以内に、アイ・シー・ネット株式会社より、「入金の確認および申込手続完了のお知らせ」というメールが届きます。これでお申込み手続きは完了です。
  8. 各講座の約1週間前に「連絡事項」のメールが届きます。研修準備の詳細はここに書かれています
閉じる

FAQ

FAQ

今まで実際に国際協力の現場で働いたことがない、専門的な知識はない人にとって、このプログラムは適していますか?また、そのような人にはどのプログラムが適していますか?
アイシーネットが国際協力の現場で得たノウハウをもとに、途上国のケーススタディや国際協力プロジェクトをもとにした事例を使って、ワークショップ形式で行いますので、専門知識や現場経験がない方でも体験しながら学ぶことができます。
これまでにもたくさんの学生の皆様に参加いただき、高い評価をいただいております。下記講座は全て、受講条件等ありません。どなたでも受講いただくことが可能です。
  • ・PCM計画立案
  • ・社会調査法・参加型アプローチ
  • ・ID/OS
参加者には、学生だけでなく、現場経験があり更なるスキルアップを目指している若手のコンサルタントの方やNGOスタッフ、協力隊OB・OGなどもいらっしゃるので、様々な情報交換やネットワークを構築することもできます。
閉じる
プロジェクトにおいて、開発コンサルタントの果たす役割って何ですか?
開発コンサルタントは、各分野・地域のプロフェッショナルな実務者として、プロジェクト発掘、形成、計画、実施、評価と、あらゆる局面において国際協力事業に関わっています。
そして、プロジェクトにどのように関わるかによって、その求められる役割は変わります。
  • プロジェクトの発掘段階:調査等を実施し情報収集・整理、提案等
  • プロジェクトの計画段階:計画策定のためのW/Sの実施、計画の妥当性の評価等
  • プロジェクトの実施段階:実施者としてプロジェクト目標達成に責任を負う
評価者としてプロジェクトに対する提言を行う
閉じる
PCM関連の研修とPMC研修って違うのですか?
「PCM計画立案、PCMモニタリング評価」研修
PCM(Project Cycle Management)は、プロジェクトの計画や運営を管理するために、開発援助の現場で用いられている手法です。
「PCM計画立案」「PCMモニタリング評価」講座は、国際協力プロジェクトの事例を使って、PCM手法を活用したプロジェクトの計画・立案および運営管理を行う一連の流れを体系的に学ぶ研修です。また、国際協力事業で一般に使われている評価方法も学びます。
修了者には修了書を発行しております。
「PMC(プロジェクト・マネジメント・コーディネーター)研修」
PMCとは、日本発のプロジェクトマネジメントの標準ガイドである、プロジェクト&プログラムマネジメント研修の資格の1つです。
このPMC資格は、国際協力分野に限らず、全てのプロジェクトのマネジメントに関する知識体系の資格になります。
弊社は日本プロジェクトマネジメント協会認定教育機関として、資格試験対策講座を実施しています。この研修の対象は、業界を問わず、プロジェクトマネジメントを担う方、プロジェクトに携わる方にお勧めしております。
閉じる
PCM研修を受けるために受講条件などありますか?

「PCM計画・立案」講座受講に関しては特に条件などありません。PCMって何?という方でも、しっかりマスターすることができます。
「PCMモニタリング・評価」、「PCMファシリテーター養成」講座の受講には、下記の条件を設けております。

「PCMモニタリング・評価」講座受講条件:
PCM計画立案を受講している、もしくは同等の知識を有していること。
特に、修了書等の提示は必要ありません。研修では、PCM計画立案について理解されていることを前提に進めさせていただきますので、その点ご了承ください。

「PCMファシリテーター養成」講座受講条件:
PCM計画・立案、PCMモニタリング・評価を受講している、もしくは同等の知識を有していること。
特に、修了書等の提示は必要ありません。研修では、事前にPCM計画・立案、PCMモニタリング・評価についての理解度確認テストを受けていただきます。プログラムのはじめに確認テストの解説を行い、復習いただいてからファシリテーション演習へ進んでいきます。

閉じる
宿泊する施設を探していますが、研修会場近くに手頃な宿泊施設はありますか?
宿泊場所は受講生ご自身でご準備いただいております。
「PCMモニタリング・評価」、「PCMファシリテーター養成」講座の受講には、下記の条件を設けております。
ご参考までに、近隣のウィークリーマンション、ビジネスホテル等の情報を紹介させていただきます。ただし、紹介させていただいた宿泊施設に関しまして、特に弊社と契約関係にあるわけではございませんので、手続き等も含め、ご本人様でご対応をお願いいたします。
閉じる
総合スキルアップコースってどんな内容ですか?
「総合スキルアップコース」の講座は、年に4回(四半期に1回)のペースで開講しております。
コースでお申し込みいただいた場合、受講期限を1年と設定させていただいておりますので、年間スケジュールを見ながら、ご都合のよい時期に受講する可能です。
閉じる
受講の順番について
受講順序についてですが、特に規定はございません。ただし、PCMに関しましては 「PCM計画立案」→「PCMモニタリング評価」→「PCMファシリテーター養成」の順番で受講していただく必要がございます。
その他の講座は、どんな順序で受講していただいても構いません。
もし、体系的に学ばれることをご希望でしたら、ホームページで紹介しております「総合スキルアップコース」が、一番理解しやすいと思われるお勧めの順番です。
閉じる
テキストの販売について
テキストは下記内容について作成・販売いたしております。
「PCM計画・立案」(日本語・英語)
「PCMモニタリング・評価」(日本語)
「組織分析・強化手法(ID/OS)」(日本語)
購入ご希望の場合、郵送させていただきますので送付先をご連絡ください。
送付料につきましては、国内の場合弊社で負担いたします。
お支払方法は、銀行振り込みでお願いいたしております。
購入ご希望のご連絡をいただけましたら、すぐに手配させていただきます。
閉じる
教育訓練手当申請手続きについて

青年海外協力隊ご経験者の方は、本研修が、帰国隊員等教育訓練手当(JICA)や帰国隊員等人材育成奨学金制度(協力隊を育てる会)の対象となることがあります。これまでにも、多くの隊員OB・OGの方にご利用いただいております。詳細につきましては、下記に直接お問い合わせください。

帰国隊員等人材育成奨学金制度関連URL:
http://www.sojocv.or.jp/
申請にかかる必要書類(領収書)は弊社から発行いたしますので、お気軽にお問い合わせください。
閉じる
申し込んだ研修が受講できなくなった場合、受講料は返ってきますか?
受講料お振込後、お客様のご都合により研修への参加が難しい場合は、次回以降に開催される研修への振替を行うことが可能です。 振替受講をご希望の場合は、研修の募集締め切り日時(開催日の約1週間前)までにご連絡ください。以降は、キャンセル扱いとさせていただきます。やむを得ず研修をキャンセルされる場合は、下記の通りキャンセル料を申し受けます。
申込締切日時~前日 受講料の50%
開催日当日 受講料全額
閉じる

お問い合わせ

アイ・シー・ネット(株) グローバル人材開発グループ 担当:森田
TEL: 048-600-2514 / FAX: 048-600-2501(営業時間 平日 午前10時~午後6時)
E-mail:KJP@icnet.co.jp