40億人のための
ビジネスアイデアコンテスト

SDGsビジネス創出プラットフォーム

開発途上国の社会課題をビジネスで解決する起業家輩出プラットフォーム

About 40億人のためのビジネスアイデアコンテスト

世界には、40億人を超える人々が年に3,000ドル以下の所得で暮らしています。こうした人々の状況を、ビジネスを通じて少しでも改善したいという想いから2014年から「40億人のためのビジネスアイデアコンテスト」を運営しております。

開発途上国を中心に世界100ヵ国以上で培われたネットワークやプロジェクト実施のノウハウを駆使し、世界の社会課題をビジネスで解決する起業家を輩出していきます。

起業部門

起業部門では、開発途上国の社会課題をビジネスを通じて解決しようとする起業家を募集します。業種や対象国は問いません。チーム/個人でのご参加も自由です。
対象国や現地課題について絞りきれない、またはわからないという場合には、あなたがお持ちの技術やスキル、経験を応募資料にご記入いただければ、事務局でマッチングします。

高校生部門

高校生部門では、開発途上国の社会課題をビジネスを通じて解決する高校生起業家を輩出します。本部門は、学校ごとのエントリーのみ受け付けます。エントリー校には、合計6回、各校でバックキャスト型ワークショップを実施し、開発途上国の社会課題を解決するビジネスアイデアの創出を支援します。開発途上国へのスカイプインタビューやサポーター企業のコンサルティングを通じて、革新的なビジネスアイデアを創出します。

本コンテストの特徴

Feature

社会課題解決型ビジコン

本コンテストは、開発途上国の社会課題を解決するビジネスアイデアコンテストです。革新的な方法で社会課題を解決し、そこから生まれた収益によって、継続的に実社会にインパクトを与えるビジネスアイデアを評価します。

ビジネスアイデアの
種を募集

募集の対象となるビジネスアイデアの業種は問いません。経験やスキル、研究シーズ、熱意などビジネスアイデアの「種」を持つ起業家や起業家になろうとしている方々と出会いたいと考えています。さらに、今回から多くの社会課題解決型の起業家を支援する仕組みとして「4Bスクール」を設置しています。

世界に拡がるネットワーク

主催企業であるアイ・シー・ネット株式会社が持つ開発途上国でのネットワークや開発途上国の社会課題解決型ビジネスを行う起業家とのネットワークを駆使し、事業化に向けたハンズオンサポートを行います。

過去の実績

過去の実績

サポーター

Supporter

主催企業

  • IC Net Limited.

サポーター企業

40億人ためのビジネスアイデアコンテスト
スクール(4Bスクール)とは

4B School

世界ではいま40億人が年に3,000ドル以下の所得で暮らしています。世界の人々の生活をより良いものとするため、本ビジネスコンテストでは、単にアイデアを募集するだけでなく、事業として実現し、革新的なビジネスによって世界をよりよく変革していくことを目指しています。

この目標を達成すべく、今年度より、アイデアを持った起業家の方々をサポートするためのビジネススクールを開講いたします。国内でも唯一の「途上国・新興国の社会課題解決」と「収益事業拡大」の両立を目指すビジネススクールとなります。

4Bスクールは、2年間で事業化を目指すビジネススクールです。具体的なプログラムは以下の通りです。開催場所や開催日時は、ご応募いただきました方に別途お知らせいたします。

4Bスクールの特徴

本スクールは、知識を提供する一般的なビジネススクールとは異なる方向性を目指しています。アイデアの事業化のために必要であり、ほかのスクールでは提供できない情報やネットワーク構築を本スクールの価値として提供します。常時30か国以上で実施しているODA事業から得られる最新情報や100社以上の新興国進出支援で培ったネットワークやノウハウがこのスクールでのコアバリューになります。いわゆる経営戦略本などに書かれているような基礎情報は本スクールコンテンツの対象外となっています。

1st Year ビジネスアイデアの事業計画書作成

プランニングフェーズ
~アイデアをブラッシュアップし、ビジネスとして形にする〜

2nd Year ビジネスアイデアの事業化

アクションフェーズ
~アイデアを実行し、検証する~

今年度のスケジュール

■日時:2019年2月2日(土)
■会場:アーツ千代田3331
■プログラム:
起業部門セミファイナリスト/ファイナリストによるピッチ
高校生部門ファイナリストによるピッチ
途上国起業家によるブース出展

■After Party:
​途上国の社会課題解決の志をもつ各アクター(起業家、投資家、大企業)の方々とのネットワーキング

事業化されたスタートアップ

【第1回 最優秀賞受賞者】ネアク・ポワン音楽学校(池田尚子さん)

音楽は私たちの生活の一部であり、一人ひとりの人生を豊かなものにしてくれる大切なものです。
しかし、経済が発展しはじめた新興国の一般の人々にとって、音楽教育を受ける機会はまだまだ限られています。
そこで、カンボジアの一般の人が、通うことができる「アクセスしやすい音楽学校」を目指して、ネアク・ポワン音楽学校を2015年10月に設立しました。
“音楽の授業=個人レッスン”という図式が一般的なカンボジアでは、同学校の特徴であるグループレッスンのコンセプトが伝わらず、開校当初は非常に苦労しました。
現在では、徐々に参加する子供たちが、周りの仲間と一緒に演奏をするというグループレッスンならではの楽しさを知ってくれて、ネアク・ポワン音楽学校のグループレッスンの楽しさが口コミで広がりつつあります。

【第1回 ファイナリスト】 エクスチャージ(澤幡知晴さん)

自動車やバイクなどの走行中に発生する余剰電力を活用した電力供給システムの開発を行っています。
現在の主力製品は、バイク向けに主にスマートフォンを充電するチャージャーです。テレビや冷蔵庫といった大型の家電製品が使える自動車向けのチャージャーは、東芝エレクトロニクス・アジア(シンガポール)、東芝インドに協力をいただきながら、インドで製品開発を進めています。
第1回のビジコンの後に、日本で会社を設立し、2016年には新たにシンガポール法人を設立し、新興国へのビジネス展開を進めています。

【第3回 ファイナリスト】株式会社Helte(後藤学さん)

先進国の老人ホームに滞在する高齢者と新興国の外国語学習者をマッチングさせ、両者の世界をつなぐプラットフォームを開発しています。
いままで話したことがなかった人と知り合って、会話することで、新しい世界を知ることが出来ます。
Helteは「世界とつながる窓」を提供します。
現在、日本の老人ホームに滞在するご老人と、タイの日本語学習者をマッチングさせるシステムのトライアルを進めています。 

4Bスクール講師

二次審査を通過した方々を対象に2年間のスクール受講の機会を提供しています。

4B Lecturer

株式会社Helte

後藤学

<担当テーマ>

先輩起業家からの経験共有

日本政策金融公庫
国民生活事業 北関東信越創業支援センター
上席所長代理 

小川竜興

<担当テーマ>

資金調達方法③ 
融資/補助金

アイ・シー・ネット株式会社

井上真

<担当テーマ>

事業計画書作成

アイ・シー・ネット株式会社

脇坂知典

<担当テーマ>

キャッシュフロー分析

アイ・シー・ネット株式会社

浅野知美

<担当テーマ>

①外部連携
②起業に役立つ地方創生

アイ・シー・ネット株式会社

山中裕太

<担当テーマ>

①営業
②コーチング

アイ・シー・ネット株式会社

山田菜津実

<担当テーマ>

①英語プレゼンテーション
②ジェンダー分析

審査員

開発途上国の社会課題に最前線で取り組む起業家、研究者、投資家が審査を行います。

Examiner

よくあるご質問

FAQ

1.応募について

Q1-1:私は高校生です。高校生部門がありますが、起業部門に応募することは可能ですか?

A1-1:可能です。どしどしご応募ください。

Q1-2:高校生部門へ高校でのエントリーを検討しているのですが…

A1-2:お問い合わせ欄より、お問い合わせください。担当者より改めてご連絡申し上げます。

Q1-3:対象国のニーズや課題がわからないのですが…

A1-3:特定の技術やスキル、経験をお持ちであれば、それらについてアピールしてください。
主催企業であるアイ・シー・ネット㈱のネットワークを活用し、ニーズや課題をマッチングいたします。

2. 4Bスクールについて

Q2-1:選考に通過した場合、4Bスクールへの参加は必須でしょうか?​

A2-1:必須です。ご自身のミッションやアイデアを改めて問い直す機会にもなると考えていますので、是非ご参加ください。
​スケジュールや所在地によって参加できないという場合には、別途ご相談ください。

3. 選考について

Q3-1:選考に参加するための交通費は支給されますか?

A3-1:交通費は支給しません。
起業部門の募集要領の「6スケジュール」の、第1次選考、第2次選考、最終選考について、当日、会場に行くことが難しい場合に、Skypeなどの方法でプレゼンテーションを実施することは可能でしょうか?
アイ・シー・ネット株式会社(さいたま新都心)でのセッションに参加することが難しい場合、第1次選考と第2次選考に限りSkypeなどの方法で代替することは可能です。
ただし、最終選考は、必ず会場にお越しいただくことが審査の条件でございます。会場は、都内の会場を予定しています。最終選考については、詳細が確定しましたら本ウェブサイトにてご案内いたします。

Q3-2:起業部門の募集要領の「6スケジュール」の、第1次選考、第2次選考、最終選考について、当日、会場に行くことが難しい場合に、Skypeなどの方法でプレゼンテーションを実施することは可能でしょうか?

A3-2:アイ・シー・ネット株式会社(さいたま新都心)でのセッションに参加することが難しい場合、第1次選考と第2次選考に限りSkypeなどの方法で代替することは可能です。
ただし、最終選考は、必ず会場にお越しいただくことが審査の条件でございます。会場は、都内の会場を予定しています。最終選考については、詳細が確定しましたら本ウェブサイトにてご案内いたします。

4. 事務局について

Q4-1:事務局のアイ・シー・ネットはどのような会社ですか?

A4-1:国際協力機構(JICA)、世界銀行、日本の中央省庁、開発途上国の政府を、主要な取引先としており、直近(2014年10月から2015年9月までの1年間)の売上高は約24億円です。詳細につきましては、アイ・シー・ネットのホームページ( http://www.icnet.co.jp/ )をご参照ください。

ビジネスコンテストの企画・運営

Planning

企業や学校、地方自治体で社会課題を解決するビジネスコンテストの企画・運営を承ります。
社会課題解決と企業利益の双方を両立するビジネスコンテストを毎年主催しています。

<実績>
40憶人のためのビジネスアイデアコンテスト(企画・運営)
<費用>
要相談

  • facebook
  • Twitter
  • Youtube
  • Instagram

40億人のためのビジネスアイデアコンテスト事務局
〒330-6027 埼玉県さいたま市中央区新都心11-2
明治安田生命さいたま新都心ビル27F
TEL:048-600-2512 E-mail:bizcon@icnet.co.jp

お問い合わせcontact