Business in Africa

アフリカでの事業開発

IC Net Trading Africa

IC Net Trading Africaは、日本やアフリカ諸国において、多様な連携を生み出しながら、社会課題解決型ビジネスを共に創出することを目指します。これまで20年以上にわたり、日本の政府開発援助(ODA)など、国際協力分野のプロジェクトに従事してきました。開発途上国の現場での経験を活かし、日本企業の海外展開支援にも取り組んでいます。

私たちは、日本やアフリカ諸国の企業や人を繋げ、持続可能な新しい未来を紡いでいきます。

ビジョンvision

IC Net Trading Africa Ltdは、
日本とアフリカ諸国を繋ぎ、社会課題解決型ビジネスを共創します。

ミッションmission

  • 社会課題解決型ビジネスに挑戦する、「企業」「ヒト」が集うハブ機能を担います。
  • 伴走型パートナーとして、アフリカ大陸の現場で、共に新たなビジネスを創り上げます。
  • アフリカ諸国の「企業」「ヒト」と共に、価値の高い社会的インパクトを創造します。

サービスservices

事業開発支援

事業開発支援

アフリカでの国・地域選定から対象地域での事業計画の策定・実行まで、アフリカ諸国への一歩目から事業成功までのワンストップサービスを提供します。

調査・マーケティング

調査・マーケティング

現地の法制度や許認可、現地パートナー候補の選定、消費者動向など、現地からの「生きた」ビジネス環境に関する情報を提供いたします。
また、JICA、外務省、経済産業省などの補助金や助成金を活用した調査実施もサポートします。

輸出サポート、卸・小売

輸出サポート、卸・小売

企業様の海外展開サポートに加え、日本の加工食品や消費財のケニアへの輸入を、自社事業として実施しています。また、輸入した商品の卸売も行い、現地小売業者と連携した販売促進を通し、さらなる「日本ブランド」の普及に取り組んでいます。

実績achivements

マラウィにおけるハイビスカス茶生産

マラウィ現地農家に対す技術指導や農機具の貸付などを行い、ハイビスカス茶の生産することを目指します。マラウィにて、日本の農業協同組合のような組織を形成することで、より効果的なハイビスカス茶生産の仕組みづくりを目指します。(JICA基礎調査、日本企業の海外展開支援)

ウガンダでのコットン品質向上

綿産業の活性化と農民の収入向上のため、日本で行われているオーガニックコットンの洗練技術(シアバターを使用した、化学薬品に頼らないオーガニック精練技術)を、シアバターの生産地であるウガンダに移転します。(JICA案件化調査、日本企業の海外展開支援)

ケニアにおける健康管理アプリ開発

成人病など生活習慣に起因する疾患が広がりつつあるケニアにて、現地の食習慣やライフスタイルに合った健康管理アプリを開発し、保健省を巻き込んだ啓発活動を実施しました。(経済産業省補助事業、日本企業の海外展開支援)

ケニアにおける日本食品の試食会・販売

健康ブームが高まるケニア、特にナイロビにおいて、日本食品の販売促進に取り組んでいます。これまで、日本製の離乳食やみそ汁などの試食会を実施し、ナイロビ市内に暮らす働く女性をターゲットとした、利便性が高く健康的な食生活の普及を目指しています。

アフリカニュースnews

企業情報company profile

会社名 IC Net Trading Africa Ltd
所在地 P.O. Box 52615-00100 Valley Arcade, Nairobi, Kenya
連絡先 globiz_africa@icnet.co.jp
代表 横山裕司
設立 2017年9月
事業情報 コンサルティング、小売事業など

メンバーmembers

Management Members in Japan

横山裕司 Hiroshi Yokoyama CEO

証券会社を経て、青年海外協力隊としてケニアで貧困地域に暮らす女性たちへの収入向上支援を行う。その後、ケニアでの雇用創出をビジョンにベンチャーを共同設立。2016年にIC Netに入社し、ケニア現地法人の立ち上げに参画。現在、アフリカ専門Webメディア『Africa Quest.com』編集長、アフリカビジネスラボの共同代表なども務める。

笹本愛子 Aiko Sasamoto

大学時代、初めてルワンダの地を訪れたことをきっかけに、アフリカ諸国の農業開発に携わることを志す。アメリカ・カリフォルニア大学デイビス校修士課程終了後、NPOにて農業関連プロジェクトやファンドレイズに携わる。2016年IC Net入社、農業生産やアグリビジネスの分野での海外展開支援に従事。

東枝里子 Eriko Azuma

カリフォルニアの4年制大学にて演劇を専攻後、本質的な変革を起こすにはビジネスの力が必要だと気付き、米国でのフリーランス経験を経て、IC Netに入社。ルワンダ開発庁での勤務経験もあり、ルワンダの政界及び民間と強いネットワークを持つ。アフリカ現地企業との連携強化を担当。

落合由貴 Yuki Ochiai

銀行で4年間外国為替ディーリング業務を経験したのち、IC Netに入社。入社後は、主に官公庁が実施する日本企業の新興国での事業展開支援プロジェクトに従事し、官公庁との連携及び日本企業の事業戦略策定支援や海外での現地調査等を実施。過去にエチオピアや南アフリカ等の案件を担当。

井上真 Makoto Inoue

IC Net グローバルビジネス支援事業部の責任者として、日本企業の海外進出支援に関する業務全体のマネジメントを行っている。前職は外務省の専門調査員としてニュージーランドに派遣され経済分析を担当。JICAプロジェクトや地方企業の海外進出支援による海外経験も豊富。桜美林大学大学院非常勤講師、中小企業診断士。

アクセスaccess

P.O. Box 52615-00100 Valley Arcade, Nairobi, Kenya

お問い合わせcontact