ケニア現地法人IC Net Trading Africa Co., Ltd.設立、ケニアなど東アフリカをターゲットとした日本企業のビジネス展開をサポート。

2018年4月2日、 弊社アイ・シー・ネット株式会社(代表取締役 多田盛弘) は、アフリカ諸国での日本企業による事業展開を促進するため、ケニア共和国において現地法人IC Net Trading Africa Co., Ltd. (ICTA)を設立いたしました。弊社現地法人には当社スタッフが常駐し、市場調査や現地パートナー企業選定、販路開拓など、日本企業の事業立案・実施をサポートします。

 

ケニアでは、GDPの30%以上を占める農業の生産性の低さや、 糖尿病や心臓病などの非感染症疾患の拡大など、様々な社会課題が未だ残っています。弊社はこのような社会課題をチャンスとして捉え、日本の技術や商品、サービスを通した、課題解決型ビジネスの開発・実施を目指しています。

 

ケニア現地法人設立に合わせ、ケニアにおけるビジネス概況及び小売マーケットに関するセミナーを開催します。ケニアにある巨大ショッピングモールや外資企業の進出状況、また高まりつつある健康ブームなど、ケニアの小売業界の「今」をお伝えします。

 

またケニア現地法人によるパイロット事業として、日本食品のケニア輸出事業をスタートします。糖尿病などの成人病患者が増加しているケニアでは、健康志向が高まりつつあります。この様な社会ニーズを捉え、日本企業と連携しながら、「日本=テクノロジー」というイメージが根づくケニアへ、日本食品を通し「日本の食文化=健康的なライフスタイル」といった新たな価値を生み出してきます。

 

パイロット事業開始に伴い、同事業に興味・ご関心のある企業を募集しております。詳細はお知りになりたい方は、記載の連絡先よりお問い合わせください。なおケニア現地法人の事業内容及び同事業の詳細については下記ビジネスセミナーにおいてもお伝えさせていただきます。

 

弊社はこれまでもアフリカ市場に関する調査やツアーの実施、JICA中小企業支援スキームや経産省補助金「飛びだせJapan!」などを活用したアフリカ展開支援などを多数実施してきました。ケニア現地法人の開設により、今後ますますの成長が見込まれる同国およびアフリカ地域において、日本企業のアフリカ進出をサポートしてまいります。

 

【セミナー概要】

アフリカSDGsビジネス展開セミナー〜ケニアの小売・食品業界のトレンドを事例に〜

<日程>2018年4月17日(火)14:30~16:00

<場所>千代田区立日比谷図書文化館スタジオプラス( 千代田区日比谷公園1番4号(旧・都立日比谷図書館)

<申し込み> http://icnetafrica1.peatix.com

 

【会社概要】

名称:アイ・シー・ネット株式会社

代表者:多田盛弘(ただ もりひろ)

設立年: 1993 年 10 月

所在地:埼玉県さいたま市中央区新都心11-2明治安田生命さいたま新都心ビル27 階

TEL:048-600-2500  FAX:048-600-2501

事業内容:海外事業にかかわる総合コンサルティング業務、人材育成事業

従業員数:163人(2018年1月現在)

URL:http://www2.icnet.co.jp/ 

 

【本件に関する問い合わせ先】

アイ・シー・ネット株式会社

グローバルビジネス支援事業部 アフリカ事業担当兼

IC Net Trading Africa Co., Ltd.  CEO

横山裕司

TEL:048-600-2502

e-mail:globiz_africa@icnet.co.jp